« ウチの夫は仕事ができないを夫と見てて超 | トップページ | 福島県泉崎村のリゾートバイトなら »

2017年8月13日 (日)

ネガティブな感情の役割


悔しい、悲しい、腹が立つ。

そんなネガティブな感情を、好んで感じたいという人はいないと思います。


誰だってそんな気分になることなく、楽しく、うれしく、ポジティブな気分で過ごしたい、と考えているのではないかと思います。


けれど人は、そんな願いとは別に、日ネガティブな気分や感情に出合い、時にはそんな気持ちに心を支配されてしまうことも少なくはありません。


では、そういったネガティブな感情に意味はないのか?というと、決してそうではないようです。

心理学者や世界中のカウンセラー、コーチからの最新のレポートによると、ネガティブな感情にはとても大きな力、それも私たちの人生において欠かすことのできない力が潜んでいるとされています。


例えば悲しみには、他者に共感し、傷ついた心を癒す力が、また怒りには、無用な衝突を避けるために相手を威嚇する心理的な作用があるそうです。

ネガティブな感情を避けるのではなく、それもまた必要な感情なのかもしれない、と捉え方を変えてみると、胸のつかえも幾分楽になるかもしれませんね。


こちらのブログでは、

隠れた才能を見つけ、見つけた才能を磨く。

磨いた才能を、存分に使える自分になる。
というコンセプトの下、
心と身体を整えて、
最高の自分で人生をデザインする。
方法について発信しています。


筆者のプロフィール竹端秀海
自分も知らない才能に出合う個人セッションのご案内

« ウチの夫は仕事ができないを夫と見てて超 | トップページ | 福島県泉崎村のリゾートバイトなら »